うつ病を患っていてエチゾラムが効かないならパキシルがオススメ

パキシルの効果と副作用

抗うつ薬であるパキシルは、副作用が強力なSSRIで攻撃的かつイライラしてしまう危険性を持ち合わせています。
うつ病に対しての効果は折り紙付きですが、副作用を考慮すると、長期の服用は控え、少しずつ減薬していくのが望ましい薬です。
良く知られているパキシルですが、この薬を服用すると、強力な副作用により、攻撃的な性格になりやすい等の問題について書き記しておきます。
基本的な効果として、パキシル等のSSRIを服用する事により、セロトニンが増加⇒気分の高揚となります。その為、うつ病を克服する事ができます。ここまではメリットとなります。
うつ病の不安を抑制する効果がSSRIの中で最大なのがこのパキシルです。服用患者も多く、良い意味では強力な効果を得られる薬と言えるでしょう。
しかし、これだけ強力な薬ですので、当然のように副作用も付きまといます。しかもここまで強い薬ですので、その副作用も強力と言えるでしょう。
以下が効果と副作用の色々です。

効果と効能
・脳にある神経を刺激する事により、その働きを活性化させる為の物質(アドレナリン)を増加させ、うつ病の症状を和らげ、能動的になる。
・服用する事により、高揚感が増幅、不安や無気力の減退を解消。

副作用
・まるで別人になったように、人格が変わる場合がある(攻撃性の増加)。
・明らかに異常と言える衝動的な行動。衝動が他社へ向けば攻撃性に転じます。

等となります。
このような副作用が発症するタイミングは、薬の減量をした時に最も多くなる傾向が見られます。
元々温厚な性格なのに、全く別の人格へ豹変してしまったように人格そのものが変わってしまう等です。
例として挙げれば、社会の制度に何故か批判的になってしまったり、反対する意見に対し、破壊衝動に駆られ、物を壊してしまいたいという欲求が出てきてしまいます。
また、気分の高揚で、自身のリミッターが解除されてしまい、様々なものに対しての衝動を抑える事が出来なくなります。